フード、ドリンク、ブランド、ファッション、AV、家電、美容、コスメ、ダイエット商品、健康商品、生活雑貨、ホビー、スポーツ用品

スポンサードリンク

2009年08月27日

プルデンシャルの生命保険

プルデンシャル生命は、
世界30ヵ国以上で様々な金融サービスをご提供している
米国最大級の金融サービス機関・プルデンシャル・ファイナンシャルの一員です。

130年以上にわたり金融サービスをお届けしているノウハウと信頼が
日本のプルデンシャル生命にも受け継がれています。




プルデンシャル生命は、1987年10月に、
プルデンシャル ファイナンシャルの100%現地法人としてスタートした。

2005年には、あおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併。

2006年3月には、保有契約件数200万件を突破。
解約・失効率の低さは、業界でも群を抜いている。




プルデンシャル ファイナンシャルは、
1979年にソニーとの合弁でソニー・プルデンシャル生命保険を設立。

その後合弁は解消され、ソニー・プルデンシャル生命は
現在のソニー生命となっている。




プルデンシャル生命の特長は、
生命保険の専門家であるライフプランナーが、
お客様にオーダーメイドの補償を提供。

プルデンシャル生命は、日本初の画期的なサービスをいろいろ行っている。

1992年10月に余命半年と判断された場合に
生きている間に保険金を受け取れる
「リビング・ニーズ特約」。

2005年4月には、骨髄提供をしたドナーが給付金を受け取れる
「ドナー・ニーズ・ベネフィット(骨髄ドナー給付)」の取り扱いを開始した。




プルデンシャル生命のリビング・ニーズ特約とは、
被保険者が余命6ヶ月以内と判断されたときに、
生きている間に死亡保険金をお支払いするサービス。

特約保険料は無料で、
病気や怪我の種類に関係なく請求することが出来ます。

最後の思い出作りにといった配慮があります。




プルデンシャル生命の保険金即日支払いサービスとは、
誰かが亡くなった無くなった場合、
医療費やお葬式代と多額のお金が必要になります。

死亡診断書のコピーと、簡単な請求書で、
保険金の一部がすぐに支払われるサービス。

最高300万円まで支払われます。




プルデンシャル生命の骨髄提ドナー給付サービス
「ドナ・ニーズ・ベネティット」とは
ドナー(骨髄提供者)に対して付加されている医療保険。

現状不足している骨髄ドナー登録を推進したいと言う思いと、
ドナーの経済面を軽減させたいと言う思いから始めたものです。

プルデンシャル生命は愛情に溢れた生命保険会社のように思えます。

それが選ばれる大きな理由なのかも知れません。

posted by 生命の見直し at 18:57| ●プレデンシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフラック生命保険

アメリカンファミリーは、
生命保険や医療保険を販売するアメリカ合衆国の会社。

持ち株会社であるアフラック株式会社の元にあり、
日本及びアメリカでの保険販売を行っている。

ジョージア州コロンバス市に三人の兄弟によって設立された。

2005年から通称をアフラックに統一し、企業ロゴも変更。
日本でもアフラックに統一されている。

アフラックは日本において、がん保険を初めて発売した事でも有名。




アフラックの、医療保険、女性の保険である新エヴァーの特長は、
日帰り入院も一泊二日の入院も保障。

入院有りの手術、入院無しの手術、
放射線治療、健康保険制度適用外の最新医療まで保障。

スタンダードプランなら日帰り入院後の通院まで保障。




アフラックは女性特定の病気に対しても手厚い医療保障。

日帰り入院も一泊二日の入院も保障。

乳ガン、子宮筋腫など女性特有の病気にも手厚く保障。

入院有りの手術、入院無しの手術、
放射線治療、健康保険制度適用外の最新医療まで保障。

スタンダードプランなら日帰り入院後の通院まで保障。




アフラックの、がん保険なら、
ガンの保障を一生涯にわたって確保できます。

初めてガンと診断されたら、一時金100万円
2年目以後もライフサポート年金で回復。

入院給付金日額10,000円コースの場合、
日額1万円の保障が受けられます。

posted by 生命の見直し at 18:56| ●アフラック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本生命保険

日本生命、ニッセイは、
1889年(明治22年)に、日本で3番目の創業。

1988年2月4日に生命保険会社の総資産部門の世界ランキングで
米国のプルデンシャルを抜いてトップにたつ。

すでに新契約高・収入保険料・保有契約高の三部門で世界一になっていたので、
これで四部門のすべてを制する「四冠王」に輝き、
名実ともに世界第1位の生命保険会社となった。

総資産額においてもかつて国内第1位だったが、
2007年10月1日に発足した日本郵政グループの
かんぽ生命に抜かれた。

posted by 生命の見直し at 18:55| ●日本生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一生命保険

第一生命保険は1902年(明治35年)の創業。

日本初の相互会社形式による生命保険会社で、
総資産・保有契約高において、
かんぽ生命保険、日本生命保険に次いで業界第3位の規模を持つ。

2000年にアメリカンファミリーと提携し、
翌年からアメリカンファミリーの「21世紀がん保険」を販売している。




第一生命は、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの参加企業。

1986年から起用している広告のほかにも、
顧客に無料で配布される販促品には、
ディズニーキャラクターがふんだんに使用されている。

東京ディズニーリゾートの参加企業として提供しているのは、
「ビッグサンダー・マウンテン」
「センター・オブ・ジ・アース」の2つのアトラクションと、
両パーク内のベビーカー・車椅子の貸出サービスである。

posted by 生命の見直し at 18:54| ●第一生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住友生命保険

住友生命、スミセイは
1907年(明治40年)5月創立され、
4大生保の一社である。

posted by 生命の見直し at 18:54| ●住友生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明治安田生命保険

明治安田生命保険は、4大生保の1つで、
明治、安田共に1881年(明治14年)創業の
日本で一番古い生保会社です。

芙蓉グループ(旧・安田財閥系)の安田生命保険と、
三菱グループ(旧・三菱財閥系)の明治生命保険が
2004年に合併。

総資産は合併によりかんぽ、日本生命、第一生命に次ぐ業界第4位。

合併により団体保険の保有契約高において業界1位となったが、
旧明治が、三菱グループ各社を始めとする民間企業向けの団体保険に強く、
旧安田が官公庁向けの団体保険に強かったためである。

また米国子会社として、ハワイ州内最大の生保会社であり、
パシフィック・ガーディアン生命を傘下に有する。

posted by 生命の見直し at 18:53| ●明治安田生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の見直しのポイントは「シンプルに」考えること

『生命保険を見直しには、昔に返って、シンプルに』

現在、保険にはいろいろな種類があり、
種類が多くなったため、その内容が判らなく、
どれが得なのか、どれが必要なのか判断が付かなくなっています。

意味のないサービスと契約している場合が多く、
無駄な保険料を払い、イザとなったときに
お金が支払われないと言う状況にもなりかねません。




もっとシンプルに考えると、
もともとの生命保険は死亡保険が大きなテーマだったのだと思います。

遺族が亡くなったときの、お葬式の費用、お墓の費用、
今後の生活費で大きなお金が必要となり、
その不安を取り除くものであったと思います。

また死亡と同じように重要なのは、
大きな病気、ケガをしたときの莫大な入院代、医療費。

生命保険は、それに対してもサポートしてくれます。

もともと医療保険は3〜4日以上の入院など、
大きな費用が掛かるときにサポートしていました。

ところが現在では、いろいろなニーズに合わせて、
多種多様のものが出てきました。




また今では、掛け捨てでは損していると言う気持ちになり、
貯蓄型の保険がでてきたり、
3〜4日以上の入院でないと保険金が支払われないのは不公平と言う気持ちになり、
1日の入院、日帰り入院でも、保険を出して欲しいと要望に応えたり、
ガンなどの特別の疾患向きのものが出たり、
また介護などでも不安があり、介護保険が出てきています。

更に最近では子供向きのまで登場しています。

これだけあれば、どの保険を選べばいいのか、
さっぱり判らなくなり、あれこれ選んでいると保険料もかさみます。




ですので、生命保険の見直しのときは、
『生命保険を見直しには、昔に返って、シンプルに』

自分が死んだときに、ほんとうにお金が必要とする人がいるのか?

一家の大黒柱なら、亡くなったとき家族は路頭に迷うため必要ですが、
結婚もせず、1人で暮らしている人は、本当に必要なのでしょうか?

お葬式、お墓などで大きなお金は必要になってきますが、
一人暮らしている人とは、そんなに大きなお金を必要としません。

一度、見直してみてみてはどうでしょうか?




また医療保険でも、日帰り入院、1日の入院で保険は必要ですか?

それくらいなら生保の力を借りずに、自力で出せるのではないでしょか?

保険会社にも寄りますが、日帰り入院などでお金をもらう場合、
その分、毎月の料金がかさみます。

この点も見直しが必要かも知れません。




生保の見直しはシンプルに考えると、
判りやるいのではないのでしょうか?

一度、見直して、必要ないのを削る事で安く抑えることで出きまる。

また保険会社によっても、生命保険料が全然違う場合があります。

同じ条件でも、保険料に大きな開きが出ることもあります。

安くて、サービスのいい会社を選ぶことも、見直しの重要な課題です。

posted by 生命の見直し at 18:52| ●生命保険の見直し・ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の選び方のポイント

生保は、現在、種類が増えてきていますので、
基本の保障タイプをまとめてみました。

生保の選び方の参考にして下さい。




選び方1・死亡保険3種類

●定期

定期は、一定期間内に死亡した場合にのみ支払われるます。

●終身

終身は死亡するまで契約の効力が存続し、
死亡したときに支払われます。

●養老

養老は、被保険者が一定の期間内に死亡したときに死亡保険金が支払われ、
期間満了時に生存のときは同額の満期保険金が支払われます。

定期と終身の間を行く生保です。




選び方2・医療保険

死亡保険の次に重要なのがこれです。

病気、ケガ、入院、手術などで莫大な費用が必要なときは困ります。
そう言うとき保障してくれます。

●医療

病気やケガでの入院、手術などの費用のために支払われます。

元々は3〜4日以上の入院から支払われていたものが、
今では日帰り入院まで支払うものまであります。

●ガン

ガンなど特定の疾患に対して、支払われます。

●介護

介護が必要なときに、支払われます。




選び方2・死亡、医療以外の生保

●貯蓄

貯蓄と死亡保険を組み合わせたもの。

保険期間は3〜5年くらい。

●こども

最近では、子供向けのものまで出てきています。

こども保険は、子供の教育資金、結婚資金、独立資金など。

親や保護者が早い時期に死亡したときにも保障されます。

posted by 生命の見直し at 18:51| ●生命保険の選び方・ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。